着物の文化

世界で注目される着物の文化

着物といえば長い歴史の中で培われてきた日本の伝統的な衣装ではあるのですが、最近になって世界でこの衣装が注目されるようになっています。
海外の著名なデザイナーによって着物をモチーフとした洋服が発表され、世界的に有名なファッションショーで披露されたり、ハリウッド女優などが着用している姿を見せる機会も増えてきました。
日本の伝統が育て上げた独特のデザインが世界的に受け入れられ、魅了しているのです。
そもそもこの風潮は現代になって発生したものではなく、ヨーロッパでは1890年代から日本の独自性が注目されており、ジャポニズムという流行を形作ったことがありました。
日本の独自性は過去において見出されていたものが、近年になって再発見されたといった方が正しいのではないでしょうか。
また、近年では日本に来る海外の観光客が着物を購入する、あるいは着用するために来日することも珍しくなく、お土産として重宝されているばかりか、京都や鎌倉など古都と呼ばれる観光都市では着用して歩くのが流行になっているほどです。
この動きを受けて日本国内でも再び注目されるようになり、低価格で販売されたり、レンタルなどのサービスが充実されるようになりました。

詳しい人の意見を聞く着物選び

着物は高価なものと思っている人も多いようですが、最近は既製品もあり、流行に大きく左右されず、長く着られることを考えると洋服よりも経済的な場合があります。
化繊の既製品で3千円ほどのものもあり、着付けを習い始めたときの練習用などに購入するなら十分です。
売り場で店員さんに強く勧められ、自分では派手に感じられたり、色が好みではなかったとしても、その着物がその後自分の好みで選んだものよりも活躍するということがあります。
着物の枚数が増えてきても、顔映りがいいとよく褒められるようなものは、値段に関係なく大切な一枚になるものです。
季節を選ばない柄であること、帯合わせによって雰囲気を変えられる色合いのものが良いでしょう。
何度思い返してみても、店員さんが選んでくれなければ、それを手に取ることはなかったということはあります。
新年度は、なんとなく新しいことを始めたくなるものです。
和の装いに興味を持っている人は、自分に合う色柄について、詳しい人の意見を求めてみるのが良いでしょう。
自分の好みのものも良いのですが、他人の意見に耳を傾けることで、思いがけず、大切な一枚に出会える機会になることもあるでしょう。
自分の好みでなくても、似合うこともあるものです。

recommend

フィリピンやセブ島の語学学校や短期留学を無料手配。

フィリピン留学

どこに行っても治らなかった辛い症状を根本改善します

下京区 整骨院

最高の技術を最高のコスパでご提供します

菊川 美容室

建設業許可・経営事項審査専門の行政書士事務所です。

建設業許可

Last update:2017/2/20


『着物』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/p6lmc28q/public_html/cluburlaubandalusien.com/index.html on line 60

Copyright (C)2015 着物の魅力.All Right Reserved.